previous arrow
next arrow
Slider

ミン・ウォン

プロダクション:アサクサ
助成: 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
2019年11月30日(土)〜12月29日(日) 12:00-19:00 *金土日のみ開廊

12:00-19:00, 30 NOV - 29 DEC 2019

オープニングレセプション:11月29日[金] 6-8pm
「ピロートーク」パフォーマンス 昼の部:11月30日[土] 1-2pm
「ピロートーク」パフォーマンス 夜の部:11月30日[土] 6-7pm


アサクサは、ベルリン在住のアーティスト ミン・ウォンによる個展『偽娘恥辱㊙︎部屋』を開催いたします。映像、インスタレーション、パフォーマンスの手法を用いて、ワールドシネマと大衆文化を語り直してきたミン・ウォン。作家自身が俳優となり不完全に翻訳された再演を行うことで、ジェンダー意識がいかにして構築され、再生産され、循環し、表象のポリティクスに流れ込んでいくのかを考察してきました。この夏、東京で制作された最新作は、性愛を描く大胆なストーリーと演出で知られる成人映画「日活ロマンポルノ」を題材にしています。本作では、「偽娘(にせむすめ)」になりすましたミン・ウォンが映像のワンシーンに参入し、ファルスへの跪拝と悦楽のクライマックスに向かう男性中心の視線を侵犯し、逸脱することで、映画史が加担した性的ヘゲモニーをクイア化することを企図しています。

日活ロマンポルノは、1971年から1987年まで全国上映された大衆向けピンク映画であり、その後の日本の映像文化を支える多くの映画監督や役者を輩出したことで知られています。本作ではこのシリーズから、『赫い髪の女』(1979年、神代辰巳監督)で謎多き女を演じる宮下順子、『一条さゆり 濡れた欲情』(1972年、神代辰巳監督)で勝気なストリッパー役を演じる伊佐山ひろこ、過酷な緊縛シーンをこなすSMの女王 谷ナオミ——を取り上げ、三人三様の方法で男性視聴者の想像力を掻き立て、欲情の対象となったの映画のシーンが繰り返されます。

この3人の女優を「再演」し、本作の伏線となるのが、ミン・ウォンが演じる「偽娘」と呼ばれる異性装者の存在です。1980年代から日本の少年誌作品に見られるようになった中性的キャラクターに端を発し、女性的な容姿をもつ男性を意味する「男の娘(おとこのこ)」は、中国語で「偽娘(ウェイニアン)」と呼ばれ、2010年以降インターネット上に急激に広まりました。本作の撮影では、偽娘がアジア圏のサブカルチャーに拡散した現代のデジタル動画の制作方法と同時に、ピンク映画の黎明期に低予算で行われた早撮りの手法を参照し、オンラインで購入した最低限の機材——クロマキー用のグリーンバック、リングライト、ライトボックス——と一台のiPhoneのみを用いて行われています。

大衆文化はテクノロジーの発展によって衰退(そして復活)させられる運命にありますが、日活ロマンポルノを終焉へと追いやったのもまた、80年代初頭に始まった家庭用ビデオ再生機とアダルトビデオ(AV)の普及でした。ポルノ専門の上映館は姿を消し、映像と射精の享楽空間は家庭内に持ち込まれ、現在ではソーシャルネットワークが提供するメディア空間が重要な一端を担っています。偽娘はSNS上で莫大な人気を博す一方、彼らの存在は政治的な監視の目に晒されており*注、社会的には「秘めごと」であり続けています。

『偽娘恥辱㊙︎部屋』では、身体、ジェンダー、そのパフォーマティブな振る舞いの実験の場が、会場となる建築空間とオンラインメディアのプライベート空間を交差し、70年代と現代の異なる時代を行き来しています。偽娘の「恥辱」を含み抱えたこの一室は、ポルノ映画の歴史から奪い返した欲望の領域となり、クイアソフトポルノという新たなジャンルを照らし出します。鑑賞者は、輝く数十台のスマートフォンの画面越しに、彼女の「秘め事」を目撃することになるでしょう。

本展開催に合わせ、11月30日(土) にはオープニング記念パフォーマンスとして、アーティストによる親密な会話がささやかれる「ピロートーク」を開催。また会場では、ミン・ウォンがポルノ女優を演じる2020年月めくりカレンダー「色暦偽娘恥辱㊙︎部屋」(展覧会カタログ) を販売いたします。皆様のお越しをお待ち致しております。

「ミン・ウォン来日制作」は、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京の支援により実現しました。
*2019年9月、中国発のスタートアップ企業ティックトック(TikTok)はLGBTQ+を支持する内容を禁止する新たなルールを設けるに至り、中国現政権から圧力によるものと考えられています。

------------

ミン・ウォン (1971年、シンガポール生まれ)は、ヴィデオ、インスタレーション、パフォーマンスの手法を用いて、ワールドシネマと大衆文化を語り直し、映画言語、社会構造、アイデンティティ、内省といった幾つもの層を重ね上げていく。近年の展覧会に、アジア・アート・ビエンナーレ(台中、2019年)、釜山ビエンナーレ(韓国、2018年)、ダカール・ビエンナーレ(セネガル、2018年)、ダッカ・アート・サミット(バングラデシュ、2018年)、SAVVY コンテンポラリー(ベルリン、2018年)がある。主な個展に、UCCAユーレンス現代美術センター(北京、2015年)、資生堂ギャラリー(東京、2013年)、REDCAT(ロサンジェルス、2012年)、原美術館(東京、2011年)など。また、シドニー・ビエンナーレ(2016年、2010年)、アジア太平洋トリエンナーレ(2015年)、上海ビエンナーレ(2014年)、リヨン・ビエンナーレ(2013年)、リバプール・ビエンナーレ(2012年)、光州ビエンナーレ(2010年)、パフォルマ11(ニューヨーク、2010年)などに参加。2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレのシンガポール館代表に選出され、個展「ライフ・オブ・イミテーション」にて審査員特別表彰を受賞。

展覧会
『偽娘恥辱㊙︎部屋』
2019年11月30日[土]〜12月29日[日]
12:00-19:00 *金土日のみ開廊
会場:ASAKUSA | 台東区西浅草1-6-16

イベント情報
タイトル : オープニング記念パフォーマンス「ピロートーク」
会期 : 11月30日(土)
昼の部13:00-14:00、夜の部18:00-19:00
会場:ASAKUSA | 台東区西浅草1-6-16
連絡先: info@asakusa-o.com

プロジェクトチーム
制作:大坂紘一郎、三上真理子
ポストプロダクション:ネイサン・エヴァレット・エンジェル
協力:小林勇輝(出演協力)、佐藤史織(撮影補佐)

助成
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
プロジェクト名「ミン・ウォン来日制作」

展覧会カタログ(2020年カレンダー)
コンセプト/アートディレクション:ミン・ウォン
パフォーマー:ミン・ウォン、小林勇輝
編集・翻訳:大坂紘一郎、三上真理子
デザイン:阿部原己(Tanuki)
英文校正:ジェイム・マリー・デイヴィス
企画・発行:アサクサ
価格:2,300円(税込)*会場にてお求めください。

アサクサエンターテイメント後援団体 1
  • PEOPLE

ミン・ウォン

© 2015–2019 ASAKUSA Built by SPoN!