下(アンダー)

ジョシュア・オコン
2018年10月20日[土]〜11月11日[日]
助成:台東区芸術文化支援制度、公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京、公益財団法人 朝日新聞文化財団、FONCA(メキシコ合衆国文化庁)

OCT

20

-

NOV

11

アサクサは、メキシコシティ在住のアーティスト ジョシュア・オコンによる弊スペースでの二度目の展覧会を開催いたします。ドキュメンタリーや即興をおり交ぜ、フィクションと現実が交わる状況を作り出すオコンの作品は、ビデオカメラを前に行われる社会的実験となり立ち現われます。政治的断層の特異性に分け入り、さまざまな団体の主張とその正当性をめぐる問題を探る映像作品は、現代社会に引き起こる対立を明確にする一方で、独特のユーモアで視点を切り替えるオコンの手法が、一方的な意見の対立を乗りこえた認識の先へと鑑賞者を促していきます。

助成団体

新自由主義批判

ジョシュア・オコン

2018年10月20日(日) 16:00-17:30
アサクサ

OCT

20

-

DEC

19

ジョシュア・オコン氏は、メキシコシティ在住の現代アーティスト。指示に基づいたアマチュア参加者による演技、ドキュメンタリーや即興をおり交ぜ、フィクションと現実が交わる状況を作り出す映像を中心とした作品で知られています。政治的断層の特異性に分け入り、さまざまな団体の主張とその正当性をめぐる問題を探る映像作品は、ビデオカメラを前に行われる社会実験となり立ち現われます。現代社会のあらゆる対立を明確にする一方で、独特のユーモアで視点を切り替えるオコンの手法が、一方的な意見の対立を乗りこえた認識の先へと鑑賞者を促していきます。

オコン氏の来日に際して行われる本講では、これまでの自身の作品やリサーチを中心とした制作方法について解説。東京湾埋立地を舞台に現在制作中のプロジェクトほか、大学卒業後間もなく設立したアーティストランスペース「La Panaderia」、アートカレッジ「SOMA」など、アーティストのみならず幅広い活動を行う自身の考えについて語ります。

開催概要

ジョシュア・オコン来日講演
「新自由主義批判」
2018年10月20日(日) 16:00〜17:30
アサクサ 台東区西浅草1-6-16
*予約不要 *途中入場可 日本語通訳 有
お問い合わせ:090-8346-3232 (大坂)

助成:台東区芸術文化支援制度、公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京、FONCA(メキシコ合衆国文化庁)

助成団体

ASAKUSA is a 40-square-meter exhibition venue for contemporary art programmes committed to advancing curatorial collaboration and practices. The programs follow the artistic development since Futurism, Dada, Fluxus, the emergence of video art and institutional critique, while providing a historical framework to the local art context. It has worked with artists Thomas Hirschhorn, Rirkrit Tiravanija, Yoko Ono, Anton Vidokle and Hito Steyerl amongst others, while introducing Japanese early avant-garde collectives such as Mavo (1924-25) and documentary filmmakers Prokino (1929-31). Artists talks, discussions, academic symposia and publications are produced alongside these programs.

Asakusa opened in 2015, with an aim to co-curate exhibitions with researchers of diverse academic fields, and to focus on programmes which combine community-based initiatives with social and political agendas. The organisation is run by a small voluntary team —currently of two people— recruiting additional members to execute each project. This year, it launched “Asakusa Entertainments”, a serial exhibition of videos and films which critically reviews the history of mass culture and entertainment industries. The programme intends to promote discursive culture in the gallery’s neighborhoods, through inviting artists to deliver talk, performance and to produce new work in commission. Both print and digital publication of “Asakusa (Journal)” is currently under way.

Gen Adachi / Khalid Albaih / Serafín Álvarez / Aoyama | Meguro Gallery / ARCUS / Masaru Araki, Okayama University / Taka Atsugi / Oliver Beer / Pauline Boudry, Renate Lorenz / Federica Buzzi / Yin-Ju Chen / Daiwa Anglo-Japanese Foundation / Guy Debord / Vincent W.J. van Gerven Oei / James T. Hong / IM Heung-soon / Thomas Hirshhorn / Mikhail Karikis /Kawakami Laboratory / Makoto Kinoshita / Yuki Kobayashi / Lawrence Lek / Matthieu Lelièvre / LUX / Tomoyoshi Murayama / Akiyoshi Nita / Yen Noh / Eiji Oguma, Keio University / Tatsuo Okada / Toki Okamoto / Yoshua Okón / Yoko Ono / Koichiro Osaka / The Otolith Group / Luke Caspar Pearson / Raymond Pettibon / Prokino / Sanya Labour Welfare Hall Action Committee / Sanya Production and Screening Committee / Mateusz Sapija / Mitsuo Sato / SCAI The Bathhouse / Tomoko Shimizu / Santiago Sierra / Kristin Surak / Swiss Embassy, Tokyo / Rirkrit Tiravanija / Anton Vidokle / Kyoichi Yamaoka / Masamu Yanase / Héctor Zamora and more.

Current project members:
Koichiro Osaka, Mariko Mikami

Director:
Koichiro Osaka