Slider

イム・フンスン、小熊英二、佐藤満夫&山岡強一、ジェームズ・T・ホング&イン・ジュ・チェン、プロキノ(日本プロレタリア映画同盟)

主催・キュレーション:アサクサ
共催:「山谷」 制作上映委員会

13 MAY - 28 MAY 2017

アサクサは、1929年から34年にかけて活動した映画制作者集団プロキノのアーカイブと、東アジアの政治史を考察するドキュメンタリー映画のスクリーニング展覧会『境界—プロキノに寄せて』を開催いたします。近現代の歴史的な視点が交錯する本展では、プロキノのニュース映画や機関紙のアーカイブに並んで、国土や国家における記憶の地下茎を探索し、歴史的な事実を刻印する4本の現代ドキュメンタリー映画を合わせて上映いたします。シネマティック・リアリズムの手法に則り、スクリーンを人々の迫害と抗議の場に変えるこれらの作品では、階級闘争や国家間の対立など近代政治の課題が、右左の対立構造を超えた今日のポストイデオロギー的状況に投影されています。英題の「Kino-Pravda(キノプラウダ)」は、20世紀初頭のディジーガ・ヴェトフによる先駆的なニュース映画シリーズの名称で、現実の断片を構築することで、肉眼では想像の及ばない真理を明らかにする「映画の深層」を意味しています。
イデオロギーによって特徴づけられた20世紀が終わり、対立構造が支配するラディカルな政治の時代は終焉を迎えたと言われています。イメージの伝える虚構性に慣れた私たちは、現代のメディアに何を見ているのでしょうか。プロキノの岩崎昶は「すべての芸術はイデオロギーの容器である」と言います。目前を記録するドキュメンタリーという媒体にとって、イデオロギーとは何を意味するのでしょうか。映画はいかにして真実を構成するのでしょうか。イメージの再構築によって、これからの歴史観を作り変えることは可能でしょうか。

本展は、「山谷」制作・上映実行委員会と六花出版社の協力により、アサクサによってキュレーションされています。
  • PEOPLE

— Prokino (The Proletarian Film League of Japan, 1929-34)
— Masato Sato (1947, Niigata - 1984, Tokyo)
— Kyoichi Yamaoka (Hokkaido, 1940 - 1985, Tokyo)
— IM Heung-soon (1969, South Korea)
— James T. Hong
— Yin-Ju Chen
— Eiji Oguma (1962, Tokyo)

© 2015–2018 ASAKUSA Built by SPoN!