Slider

コラクリット・アルナーノンチャイ、イム・フンスン、ミヌク・イム、トリン・T・ミンハ、ヨシュア・オコン、ヒト・シュタイエル、佐藤満夫 / 山岡強一、アントン・ヴィドクル、ミン・ウォン

2018年2月18日(日)〜3月4日(日)
キュレーション:アサクサ
助成 台東区芸術文化支援制度、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

18 FEB - 04 MAR 2018

アサクサは、浅草を訪れる国内外からの観光客および近隣住人を招き、大衆文化を地政学の視点から批評的に考察する映像祭「アサクサエンターテイメンツ」を開催いたします。SF、新興宗教からジャーナリズムまで、大衆に向け発し人々の考えを規定してきたの「文化」の歴史。観光地 浅草に寄り集まる多国籍な人々を背景に、近代政治における統治術の功罪を問いかけます。

本プログラムでは、英雄として命を落とした親友アンドレアの肖像をもとに、大衆メディアを分析するヒト・シュタイエル《ノーベンバー》(2004年)、1980年代、労働者の町 山谷における支配構造を暴き出した佐藤満夫 / 山岡強一《山谷ーやられたらやりかえせ》(1985年、協力:「山谷」制作上映委員会)、文化人類学者でありポストコロニアル論者として知られるトリン・T・ミンハ監督の新作《ベトナムを忘れること》(2015年)ほか、アサクサが厳選した9作品を紹介いたします。

会期中は、浅草郵便局の路面ショウウィンドウ、都営浅草線改札前の浅草シューズにもモニターを設置し、街頭上映を行っております。また、本展に関連して、思想家ミシェル・フーコーの統治論(講演録「批判とは何か?」)より一部抜粋訳に加え、各展示作品の解説、および「統治されないための芸術」(アサクサ)をまとめた小冊子を販売予定です。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

主催:アサクサ実行委員会
助成:台東区芸術文化支援制度
   公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
協力:「山谷」制作上映委員会
   浅草郵便局
   浅草シューズ(浅草地下街)


アサクサエンターテイメント後援団体 1
アサクサエンターテイメント後援団体 2
アサクサエンターテイメント後援団体 3
アサクサエンターテイメント後援団体 4
アサクサエンターテイメンツ
会期中毎日開催!

2018年2月18日(日)〜3月4日(日)
平日 18:00 - 21:00 土日 13:00-20:00
*開場は、上映時間の30分前となります。
入場料:500円(定員15名・会期中複数使用可・上映中出入り自由)
チケットは当日、会場にてお買い求めください。

Aプログラム
平日 月・水・金(2/23) 18:00 - 21:00
土日 13:00 - 16:00
イム・フンスン《北漢山》(2015年)
コラクリット・アルナーノンチャイ《おかしな名前の人たちが集まった部屋の中で歴史で絵を描く4》(2017年)
トリン・T・ミンハ《ベトナムを忘れること》(2015年)
アントン・ヴィドクル《全人類に不死と復活を!》(2017年)

Bプログラム
平日 火・木・金(3/2) 18:00 - 21:00
土日 17:00 - 20:00
ミン・ウォン《世界の窓(パート4)》(2018年)
ヒト・シュタイエル《ノーベンバー》(2004年)
佐藤満夫 / 山岡強一《山谷ーやられたらやりかえせ》(1985年)

Cプログラム
会期中常時モニター上映
ヨシュア・オコン《ミアスマ(汚染)》(2017年)
ミヌク・イム《国境を越え呼びかける周波数》(2011年)

*プログラム内は連続上映となっております。各作品の間に休憩はございませんこと、予めご了承ください。

アクセス:
アサクサ | 東京都台東区西浅草1-6-16
釜飯かづ至近 コーザイ車庫と工事現場の間の路地入る
  • RELATED PROJECT

ロシア宇宙主義:三部作

アントン・ヴィドクル

キュレーション:アサクサ
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

25 NOV - 24 DEC 2017

プレスリリース (PDF)

© 2015–2018 ASAKUSA Built by SPoN!